人気ブログランキング |

<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

内装仕上げ

内装仕上げ_a0115017_15506.jpg建物がだんだん完成に近づき、内装工事もほぼ終了。木造3階建てながら明るい雰囲気を持つ建物に出来上がりつつ有る。
材料の高騰と重なり苦労した現場だが、完成が近づきもうすぐ引き渡しかと思うとなんだか寂しい気もする。各種完成検査も残りの書類を完成させれば終わりそうだ。
施工は大阪府堺市の「株式会社 創建」 さん。ブログにも登場。当初のパースにかなり近いイメージになった。
by fuj_kk | 2009-03-26 15:00 | 進行中

船木の家 断熱材

船木の家 断熱材_a0115017_104114100.jpg三原市の船木の家では現場発泡のウレタンフォーム断熱材を使用している。接着性も良く、発火点も高い材料なので比較的施工はし易い材料です。ただ、飛散してしまうと、付着した場所で発泡してしまうので養生も注意しなければいけません。材料の特性などは日本ウレタン工業協会のHPにあるQ&Aに書かれているが、シックハウス問題に関わる使用面積の制限を受けない材料とされている。
とはいえ、施工直後は無臭という訳ではないのでどの位体感があるかというと、歯磨き粉(粉はさすがに使ってない)いわゆるアク○フレッ○ュなどと同等以下の刺激臭です。
現場の換気は現在十分なので、サッシが入った後もう一度確認してみなければ・・・



More Photo
by fuj_kk | 2009-03-17 10:42 | 進行中

旧澤原家住宅

旧澤原家住宅_a0115017_10111517.jpgオープンハウスの続きで呉市の文化財、「旧澤原家住宅」を見学した。江戸時代後期から幕末までの建築群で外観のみの見学でしたが、旧長ノ木街道に面していたという特徴的な蔵など庄屋さんであり、酒蔵であった歴史が伺えます。坂の下から見上げる蔵の土壁である蓑壁(みのかべ)〈わらを縄で編んで、鎧状に壁面に差し渡し、竹釘で固定し、土壁を塗って仕上げる〉は、かなりの迫力です。
見学の資料を作って下さったTUMU^2さんは、Kさん設計の住宅の構造設計を担当された優秀な建築士さん。
有り難うございました。



More Photo
by fuj_kk | 2009-03-16 20:10 | まち

オープンハウス

オープンハウス_a0115017_9555697.jpg一級建築士の友人たちのグループSUJIKAIメンバーのKさん設計監理の住宅見学におじゃました。
広島県呉市は、急傾斜地に旧宅が張り付くように建築されているところで、尾道と同様有名な場所だ。坂道を少し上った場所に完成した。
曲がりくねった細い道沿いににもかかわらず、RC構造スキップフロアでぎりぎりまで居住空間を広げ、眺望、日射、体に優しい素材を吟味しながら苦労された事が伺えた。
お施主さんには、Kさんの優しい気持ちが伝わっていると思いますよ。



More Photo
by fuj_kk | 2009-03-15 19:03 | 建築

外壁塗装

外壁塗装_a0115017_9132390.jpg木造3階建ての店舗付き事務所の現場。足場もとれて、いよいよ一気に最終仕上げ。
取り付けた設備器具の思わぬ大きさに、お施主様が面食らったご様子。解決案を考えねば・・・
限られた工期の中での施工は、とても大変だ。着工時にほぼ全容が決まっているとはいえ、微調整を加えながら進む現場は、現場監督の経験によって出来具合が決まってくると言っても過言ではないくらいだ。残り半月、気を引き締めて行きましょう。
by fuj_kk | 2009-03-14 09:13 | 進行中

河郷診療所

河郷診療所_a0115017_9113651.jpgその日の内になかなか書けないブログですが、昨日、お誘いを受けて玖珂(現在は岩国市周東町)の河郷診療所さんにオジャマしました。聞くところによると、現院長先生がご実家の診療所に帰ってこられて、訪問診療などの傍らで寄席や小さなライブを2階の広間で催されているとの事。今回は、シンガーソングライターのリピート山中さんがお嬢さんと登場。ユニークな歌とほのぼのとした笑いに会場(といっても今回はプレライブという事で、診療所の職員さんがお客さん)も歌声喫茶と化して行きました。リピートさんの歌には、一緒に診療に廻りながら作った歌などが有り、生活の中で気づかない空気の様なものを歌詞とメロディーに載せてしまう才能に感動。リピートワールドの虜になってしまいました。
広間のお座敷の組天井や、欄間の細木細工も大切にされていました。奥様は、掃除してないから壊れてないと謙遜していらしたが、障子の組子も部分修理で元の風合いを残されている様子。これからも大切にして下さい。


河郷診療所_a0115017_9332124.jpg河郷診療所_a0115017_9312756.jpg

イラストは、ごとうゆきさん。滞在して描かれたそうです。
by fuj_kk | 2009-03-09 06:10 | まち

船木の家 屋根瓦葺き

船木の家 屋根瓦葺き_a0115017_20581842.jpg一昨日は、広島方面も大変冷え込み現場の有る三原市本郷町も雪が積もったらしい。
まだ窓サッシや断熱材の入っていない現場はかなり冷え込んだ。来週には吹付け断熱材施工の予定。

瓦葺きの周囲を、金属板葺きにし建物見付方向から見た屋根の軽快感を出す狙いです。
重量感を持つ瓦葺きの民家は見た目にも安心感をもたらしますし、現代的な軽やかさを狙っています。
ガラス瓦のトップライトのおかげで曇り空にも関わらず、ほんのり心地よい明るさが内部に降りてきています。
このままでは、直接太陽光が室内に降り注ぐため夏期は暑いでしょうから、ルーバーを吹抜けに渡す予定です。


船木の家 屋根瓦葺き_a0115017_2102458.jpg船木の家 屋根瓦葺き_a0115017_2105086.jpg
by fuj_kk | 2009-03-05 13:30 | 進行中

平和大橋 歩行者専用橋コンペ

平和大橋 歩行者専用橋コンペ_a0115017_11292481.jpg 平和大橋(広島市中区)の歩行者専用橋のデザインが4日、内定したようです。両サイドに丘を設けた緩やかなアーチ形のデザイン。小高い丘から橋にアプローチする案です。
大日本コンサルタント中国支店の案。海外6カ国の7社を含む29社が参加。
ひとまずおめでとうございます。その他の応募者の方、お疲れ様でした。

国際コンペという事で注目を集めたコンペでしたが、最も安全に通行できるシンプルな美しい案に決まったと思います。 橋を広場として使う案や、橋のたもとの広場に印象的な提案の有る案は残念ながら選ばれませんでした。
写真は、中国新聞朝刊3/5の記事によります。
by fuj_kk | 2009-03-05 10:00 | まち

【速報】平和大橋歩道専用橋のデザイン

ニュースサイトに速報です。現在は消されているため、社名は伏せて速報。
 平和大橋(広島市中区)の歩行者専用橋のデザインが4日、内定したようです。両サイドに丘を設けた緩やかなアーチ形のデザイン。
Dコンサルタントの案。海外6カ国の7社を含む29社が参加。
by fuj_kk | 2009-03-04 23:00 | まち

平和大橋歩道橋 公開プレゼン

平和大橋歩道橋 公開プレゼン_a0115017_1858965.jpg広島市中区平和公園横の平和大橋歩道橋の公開プレゼンが広島国際会議場でありました。1次を通過した6組が、10分のプレゼンと15分の質疑応答に臨みました。各組とも、応募要項の規定や要望を満足し、自分たちのコンセプトの成り立ちを、言葉を選んで組み立て、説明して行きます。コンセプト、構造、予算、安全性について、準備して臨んだ事を感じさせる発表でした。
論点としては、平和公園との調和、広島のイメージ(風景)への貢献、場所性の意味付けと軸線など。それに、構造の独自性の説明や、ディテール、通行者や橋両端の公園との繋がり部分のデザインです。
橋のデザインでは、柱脚の形状に特徴の有る案、柱脚が無く両岸をシンプルにつなぐ形態の案(構造は個性的)などの違いに注目。
このコンペでは、歩行者と自転車の共存が前提になっていますが、その安全確保について審査員からの質問が相次ぎ、なにか発表者が気の毒な気がしました。自転車押して渡れば解決するのでは???
場所の多様性を加味したデザインと市民の安全確保は使用方法や時間帯によっては相反する場合も有り、全てを兼ね備える事は難しいですね・・・
by fuj_kk | 2009-03-04 18:55 | まち